人気ブログランキング |
2006年 11月 03日
カモシカとの遭遇
真湯大橋手前の通称「豊かな森」(一関・平泉・衣川地区のライオンズクラブが杉林を伐採し、その後にブナを植林したところ)で行く秋を
惜しみながら今年最後の紅葉を撮っていたら、後のほうでカサカサと何か動く音が!

d0094150_22131689.jpg
振り返ってみてドキッ! カモシカだ! 距離は3mも無い。ということは自分が気付かないでいただけで、もっと近くに居たということか。

いや、ちょうどこの時、ブナの木にぴったり背中を押し付け見上げるようにして撮っていたのでカモシカからは死角に入り見えなかったのかも。
カモシカは慌てる様子など微塵もなかったので。

ところが、こちらは大慌て。でも、スグに前回の苦い経験を思い出した。
あの時は、驚きと共に絶好のチャンスという気持ちが入り交じり、結局はブレ連発の苦い思いだけが残った。
落ち着いて落ち着いて・・・と、はやる気持ちを抑えながら静かに、そして素早くシャッターを押す。


d0094150_2214577.jpg
カモシカをファインダー越しに追尾していると、おっ、もう一頭いる、とそちらも一緒のフレームに入れた。
ファインダーを覗いているときもそう思ったが、やはり、そのもう一頭のほうは自分に気付いている。

何かオスのほうに危険信号でも送っていたんだろうか。それにしてはオスのほうは何事も無かったように歩いていったが。


d0094150_2214535.jpg
その後、深追いせず、元の紅葉撮りに戻り30分ぐらいかけてそこでの撮影を終了した。

その後、先ほどのカモシカのことを思い出すが、まさか、もう居ないだろうと思いながらもカモシカが立ち去った方向を目を凝らしながら
見ていたら(枯れ木と同じ色なので見えにくい)、何とまだ居るじゃないか!


d0094150_22161224.jpg
でも、二人とも何とかわいい、やさしそうな目をしているんだろう。
美男美女で本当にお似合いのカップルだった。

それにしても思わぬショットが2日連続。昨日はダイサギの捕食シーンだったが、ヒョッとして明日、クマと遭ったりして(笑)。

カメラ:D70 
レンズ:AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)

by a_hozumi | 2006-11-03 22:19 | その他


<< ダイサギの捕食シーン      本寺地区の山々 >>